グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 当院について > 当院の概要 > 経営改革プラン

経営改革プラン



森町病院事業第4次経営改革プラン
(計画期間 平成29年度~平成32年度)

公立森町病院、森町家庭医療クリニック、森町訪問看護ステーションは、第4次経営改革プラン(平成29年度~平成32年度)を策定し、地域において必要な医療を安定した経営で継続的に提供していくために、改革を進めていきます。

森町病院事業第3次経営改革プラン
(計画期間 平成27年度~平成29年度)

平成19年度に総務省が策定した「公立病院改革ガイドライン」に基づき、平成21年度から平成23年度までの3年間の「公立森町病院経営改革プラン」、それに引き続き平成24年度から平成26年度までの3年間の「森町病院事業第2次経営改革プラン」を策定した。この6年間は経営改革プラン達成に向けて職員一丸となり取り組んできました。
このような状況において、今後とも公立森町病院、森町家庭医療クリニック及び訪問看護ステーションが地域において必要な医療を安定的かつ継続的に提供していくため『森町病院事業第3次経営改革プラン』を策定しました。

森町病院事業第2次経営改革プラン
(計画期間 平成24年度~平成26年度)

平成19年度に総務省が策定した「公立病院改革ガイドライン」に基づき、平成21年度から3年間の公立森町病院経営改革プランを策定しました。病院は経営改革プラン達成に向けて職員一丸となり取り組みましたが、最終年度において最終目標である経常収支の黒字化は達成できませんでした。
このような状況において、今後とも当事業が地域において必要な医療を安定的かつ継続的に提供していくため平成24年4月『森町病院事業第2次経営改革プラン』を策定しました。
公立森町病院、森町家庭医療クリニック及び森町訪問看護ステーションが、公共性と経済性の視点に立ち、安定的かつ自律的な経営の下で良質な医療を継続して提供できる体制を構築していきます。
平成26年2月に外部委員による経営改革プラン評価委員会を開催して、平成25年度の取り組み結果及び評価を行い、第2次経営改革プランの見直しをしました。

取り組み結果

公立森町病院経営改革プラン
(計画期間 平成21年度~平成23年度)

「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の施行に伴い、病院事業が事業単体としても、また地方公共団体の財政運営全体の観点からも、一層の健全経営化を求めていることに加え、平成19年12月に、総務省は「公立病院改革ガイドライン」を策定し、病院事業を設置している地方公共団体に対し、本ガイドラインを踏まえ、平成20年度内に『改革プラン』の策定を求めている。
このような状況において、今後とも当院が地域において必要な医療を安定的かつ継続的に提供していくため『公立森町病院経営改革プラン』を策定した。
平成22年度の実績見込みを踏まえ、『公立森町病院経営改革プラン』を見直した。

平成23年実施状況について

平成23年度実施状況の点検・評価

経営改革プランの実施状況について、経営改革プラン評価委員会にて年1回点検を行い、実績と計画のかい離を評価する。
平成24年3月16日開催した評価委員会の実施状況の点検・評価の意見書は以下のとおりです。