グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




薬剤科


薬剤科理念
「有効で安全かつ経済合理性を考慮した薬物治療をサポートすることで薬剤の適正使用に貢献する」
人員体制
薬剤師5名、事務員2名の体制で業務を行っています。

薬剤科の業務

調剤

医師の処方せんに基づいて、外来患者さんにお渡しするお薬を調剤する外来調剤と、入院している患者さんのお薬を調剤する入院調剤があります。
  • 外来処方は原則院外処方ですが、往診患者さまの処方や、休日の処方などは院内で調剤しています。
  • 処方せんに記載された内容について確認して、必要に応じて医師に問い合わせて正確に調剤します。
  • 院外処方の調剤薬局からの問い合わせ(疑義照会)は薬剤科で対応しています。

注射薬調剤

処方せんを基に入院患者さん一人一人が使用する注射薬を1回分ずつ取り揃えます。
注射薬の調剤では、患者さんの検査値や、年齢、体重、発熱、食事摂取など様々な状況を考慮し、処方されたお薬についての配合禁忌(混ぜてはいけない薬)、投与量、投与速度、投与期間などのチェックを行います。ここで疑わしい点は医師にも確認し、より適切な注射薬が安全に使用されるように努めています。
また、看護師と協同で毎日注射薬の混合調整を行っています。

無菌調剤

調製者が抗がん剤に曝露するのを防ぐために、抗がん剤は防護衣などを着用し、安全キャビネットという専用の設備で薬剤師が混合調製します。
また、栄養に富んでいる高カロリーの注射薬は細菌汚染されやすいことから、クリーンベンチという専用の設備で薬剤師が衛生的に混合調製します。

在宅業務

平成28年4月から在宅療養する患者さまのご自宅を訪問する業務を始めました。薬を届けるだけでなく、効果・副作用の確認、患者さまの状態に合わせた処方提案を行っています。

持参薬・紹介状記載薬の鑑別業務

近年、様々な新薬の登場やジェネリックの普及により、医師や看護師では判別できない薬が増えています。薬剤師がそれらの薬の鑑別を行い、医師と看護師へ情報提供することで、スムーズで安全な医療を実践しています。

チーム医療

化学療法(抗がん剤治療)、感染対策、糖尿病教育など各種委員会活動を通して、チーム医療に貢献しています。

患者さまへ

「お薬手帳」とは

「お薬手帳」は患者さまに処方されたお薬の名前や飲む量、回数など、また、薬による副作用などの記録(薬歴といいます)を残すための手帳です。この記録があると、医師や薬剤師がどのようなお薬をどの位の期間使っているかが容易に分かります。
「お薬手帳」をお持ちで無い方は「かかりつけ薬局」や処方せん調剤をした際、「調剤薬局」でご相談ください。

「お薬手帳」の使い方

  • 医療機関(病院、医院、歯科医院、薬局など)にいったときは、必ず提出してください。
  • 市販のお薬や健康食品を買った場合は、ご自身で記録してください。
  • お薬を飲んで湿疹が出たり、気分が悪くなったり(副作用)したこと、お薬について疑問やわからないこと、困ったことがあったら、空欄に記録しておきましょう。
  • 複数の病院へかかっている場合でも、お薬手帳は1冊にまとめてもらいましょう!

経管からの薬の投与方法について~簡易懸濁法~

胃ろうなどチューブを通して栄養を投与している患者さまに薬剤を投与する場合、薬剤を粉砕し水に溶かして投与することが一般的でした。しかし、少し前から、簡易懸濁法と呼ばれる新しい方法が実施されています。当院も簡易懸濁法を導入しています。簡易懸濁法は錠剤やカプセル剤を粉砕せず、そのまま温湯(約55℃)に溶かして薬を投与する方法です。

簡易懸濁法の利点
  • 薬の効果・安定性が保たれます
    粉砕した場合と比べて光、温度、湿度などの影響が少なくなります
  • 薬の量が減りません
    粉砕する場合は調剤時に薬が少し減ってしまいます
  • 薬の確認ができるので中止・変更に対応できます
    数種類の薬品を一緒に混ぜた粉薬では中止・変更に対応できません
  • 調剤の待ち時間が短縮されます
    粉砕する場合のほうが調剤に時間がかります
在宅でも導入できるように「簡易懸濁法の手順」を作成しています。参考にしてください。

入院される患者さまへ

普段服用しているすべてのお薬と、お薬手帳をご持参ください。また、病院からもらっている薬だけでなく、健康食品やサプリメントもご持参ください。
入院前にどういう薬を飲んでいたか、また、入院後にそれらを継続するか中止するかが治療に大きな影響を及ぼすことがあります。

退院時のお薬について
退院処方としてつくった薬は、おくすりの説明書とおくすり手帳に貼るシールを添付します。  
以前から服用している薬や、入院中に処方された薬の残りには説明書がつかないことがあります。不明な点は、1階の薬剤科窓口、または電話にてお尋ねください。
入院中にお薬の内容が変わることがあります。家に残っている薬がある場合にはよく確認してください。

調剤薬局の皆さまへ

森町病院では地域の調剤薬局と協同して薬物療法の向上に努めています。院内薬事審議会の結果は、その都度FAXで伝達しております。ご不明な点がありましたら、薬剤科へご連絡ください。

電話:0538-85-2260