グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 地域医療連携 > 地域医療連携室について

地域医療連携室について



スタッフ

職員は、4名です。
連携室室長(看護師長) 1名
看護師 1名
医療福祉相談員
(医療ソーシャルワーカー)
2名

地域医療連携室の役割

地域医療連携室の仕事内容を紹介します。

1. 退院支援

退院後、療養生活に不安のある方に対し、入院中から患者様・ご家族と相談しながら在宅にむけて支援しています。またケアマネジャーや行政と連携しながら、退院にむけての調整を行っています。
また、「最期まで自宅で過ごしたい」と在宅での看取りをご希望される患者様・ご家族の支援をしています。
  • 介護保険及び介護・福祉サービスの利用について
  • 在宅医療(訪問看護・訪問診療の利用に当たる相談窓口)
※在宅介護が諸事情により難しい場合には、施設等の紹介をしています。

2. 福祉相談

突然の病気や怪我により生じる生活上の不安など、患者様やご家族が抱える様々な相談をお受けし、面接等を通してその不安を軽減する為の方法を一緒に考え、援助します。
  • 医療費などの経済的な問題の相談
  • 福祉サービスや制度に関する相談と利用への援助(身体障害者手帳・難病医療助成の申請、障害年金申請等)
  • 退院後の生活に係る相談
  • 療養型病院への転院、介護福祉施設の紹介・調整

3. 回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病床の受付相談窓口

  • 急性期病院からの紹介受付、調整
  • ケアマネージャーからの紹介受付、調整
お問い合わせ
(地域医療連携室)
電話:0538-85-2463
FAX:0538-85-2199